【たった2冊でOK!】応用情報技術者試験のおすすめ書籍・勉強法【これで1発合格しました】

【たった2冊でOK!】応用情報技術者試験のおすすめ書籍・勉強法【これで1発合格しました】おすすめ

こんにちは、さすをです。

先日、応用情報技術者試験に合格しました。

今回の記事は、応用情報技術者試験のおすすめ書籍と勉強法を実体験を踏まえて紹介します。

それでは本文をどうぞ。

応用情報技術者試験を受けるんだけど、おすすめの本とか勉強法はないの?

ネットで調べてもいっぱいあってどれがいいのかわからないよ、、

応用情報技術者試験で悩む女性
応用情報技術者試験で悩む女性
さすを
さすを

これらの悩みを解決します!

この記事を読むとわかること:

・応用情報技術者試験のおすすめ書籍

・応用情報技術者試験のおすすめサイト

・応用情報技術者試験の合格するための勉強法

筆者の情報:

・現役システムエンジニア 兼 ブロガー

・応用情報技術者試験に1発合格

スポンサーリンク

1.応用情報技術者試験 午前試験対策

1-1.午前試験対策おすすめ書籍

応用情報技術者試験午前試験対策のおすすめ書籍はキタミ式イラストIT塾 応用情報技術者です。

なぜならこの本は、とてもわかりやすく、詳しく説明してくれているからです。

応用情報技術者試験の参考書はたくさんありますが、ここまで丁寧に説明してくれている参考書は他にありません。

マンガのように書かれており、スラスラ読むことができるので、挫折することなく知識を習得することができます。

応用情報技術者試験の基礎知識はこの本1冊を読み込めばOKです。

さすを
さすを

まずはこの本で、応用情報技術者試験の雰囲気をつかみましょう!

1-2.午前試験対策おすすめWebサイト

応用情報技術者試験午前試験対策のおすすめWebサイトは応用情報技術者過去問道場です。

こちらのサイトでは、無料で過去31回分、2,480問の過去問を解くことができます。

応用情報技術者試験は、過去に出された問題と似た問題、同じ問題が多く出題されます。

さすを
さすを

体感だと、2~3割が過去問と同じ問題、5~6割が類似問題、1~2割が見たことのない問題でした!

問題の解説もほとんどのっているので、知識を付けながら午前試験対策をすることができます。

2.応用情報技術者試験 午後試験対策

2-1.午後試験対策おすすめ書籍

応用情報技術者試験午前試験対策のおすすめ書籍は2021 応用情報技術者 午後問題の重点対策です。

なぜなら、過去問対策はもちろんのこと選択問題を決めやすいからです。

過去問はWebサイトでも解くこともできますが、解答がなかったり、不親切だったりします。

しかし、『2021 応用情報技術者 午後問題の重点対策』は、すべての問題にわかりやすい解説がのっています。

また、分野別に書かれているので、選択問題を選ぶ際にとても役立ちます。

応用情報技術者試験の午後問題はこの本1冊で充分です。

さすを
さすを

問題の解き方やコツが書いてあるのもおすすめできるポイントです!

2-2.午後試験対策おすすめWebサイト

応用情報技術者試験午後試験対策のおすすめWebサイトは応用情報技術者過去問道場です。

こちらのサイトは、応用情報技術者試験午前試験対策でおすすめしたWebサイトと同じです。

応用情報技術者試験午後試験は読解問題であり、過去問を繰り返し解くのが一番効果があります。

無料で、お手軽に多くの過去問を解けるので非常に便利なサイトです。

さすを
さすを

過去問対策はWebサイトだけでOKです!

3.応用情報技術者試験を合格するためのスケジュールの立て方

応用情報技術者試験を合格するために立てるべきスケジュールの大枠は、

・午前試験対策

・午後試験対策

・午後の選択問題を決める

です。

各項目にどれくらい時間をかけるか、このあとの説明を見たあとにあなた自身で決めてください。

さすを
さすを

もちろん僕が立てたスケジュールも共有します!

3-1.応用情報技術者試験を合格するために考えるべきこと

3-1-1.午前試験対策

応用情報技術者試験を合格するために考えるべきことの1つ目は、午前試験対策です。

応用情報技術者試験は午前試験で合否が決まるといっても過言ではありません。

『1-1.午前試験対策おすすめ書籍』で上げた、キタミ式イラストIT塾 応用情報技術者を1度読み、どのような問題が出るのか理解したら、過去問をひたすら解きましょう。

確実に午前試験を突破するためには、最低でも過去問を10年分は解く必要があります。

スキマ時間をうまく活用し、何回も何回も問題を解くことが大切です。

さすを
さすを

僕は通勤時間の15分間をつかって過去問を解いていました!

3-1-2.午後試験対策

応用情報技術者試験を合格するために考えるべきことの2つ目は、午後試験対策です。

最低でも過去問を5年分、できれば10年分は解いておくべきです。

また、午後試験対策は過去問以外を行う必要はありません。

予想問題もたくさん売られていますが、過去問をひたすら解くことが合格の1番の近道です。

1問1問をしっかり解いて、問題になれることが大切です。

3-1-3.午後の選択問題を決める

応用情報技術者試験を合格するために考えるべきことの3つ目は、午後の選択問題を決めるです。

応用情報技術者試験の午後問題は以下のような構成になっています。

問1情報セキュリティT必須
問2経営戦略、情報戦略、戦略立案、コンサルティング技法S選択
問3プログラミング(アルゴリズム)T選択
問4システムアーキテクチャT選択
問5ネットワークT選択
問6データベースT選択
問7組込システム開発T選択
問8情報システム開発T選択
問9プロジェクトマネジメントM選択
問10ITサービスマネジメントM選択
問11システム監査M選択

T:テクニカル系、S:ストラテジ系、M:マネジメント系

問2~問11から4題選択する必要があります。

『2-1.午後試験対策おすすめ書籍』で上げた、2021 応用情報技術者 午後問題の重点対策を一通り解いて、自分が得意な問題を5題押さえておきましょう。

5題押さえておくことで、試験当日に難易度が高い大門がでた場合の保険になります。

さすを
さすを

プログラムを書きなれていない方は、問2,問7~問11の中から4題選ぶのがおすすめです!

3-2.筆者の立てたスケジュール

筆者が立てたスケジュールは下記の通りです。

3か月前~2か月前:『キタミ式イラストIT塾 応用情報技術者』を読み、基礎知識の習得

2か月前~1か月前:隙間時間をつかって午前試験の過去問を解く + 『2021 応用情報技術者 午後問題の重点対策』を解きながら選択問題を決める

1か月前~3日前:隙間時間をつかって午前試験の過去問を解く + 毎日1題午後試験の過去問を解く(休日は1年分)

3日前~試験前日:午前試験、午後試験を時間を計って解く

試験当日:試験が始まるまで過去問を眺める

『3日前~試験前日:午前試験、午後試験を時間を計って解く』では、最新に近い過去問を解きましょう。

また、試験前日は、1度解いた過去問を試験当日を想定しながら解くことがおすすめです。

さすを
さすを

試験前日に思うように得点がでないと焦ってしまうので、解いたことのある過去問を解きましょう!

4.応用情報技術者試験の勉強をするにあたって意識するべきこと

応用情報技術者試験の勉強をするにあたって意識するべきことは、

・時間をはかる

・点数をつける

です。

4-1.時間をはかる

応用情報技術者試験の勉強をするにあたって意識するべきことの1つ目は、時間をはかるです。

なぜなら、応用情報技術者試験は間違いなく時間とのたたかいになるからです。

合格できる力はあるのに、時間配分を間違えて不合格になる人が何人もいます。

普段から時間をはかって勉強をすることで、試験当日の時間配分を失敗する確率を下げることができます。

応用情報技術者試験の勉強をするときは、必ず時間をはかって行いましょう。

さすを
さすを

時間をはかることで集中力も上がります!

4-2.点数をつける

応用情報技術者試験の勉強をするにあたって意識するべきことの2つ目は、点数をつけるです。

なぜなら、点数をつけることで、自分の苦手な分野を知ることができるからです。

応用情報技術者試験の午前試験は複数のジャンルが均等に出題されます。

応用情報技術者試験の午後試験は選択問題です。

ですので、点数をつけながら勉強をして、自分の苦手分野を見つけておくことが大切です。

苦手分野の基礎知識を学んで午前試験対策をする。

苦手分野の午後試験の選択問題は選ばない。

確実に合格するために、点数をつけながら勉強することが大切です。

さすを
さすを

合格まで何点足りないのかも分かるので、緊張感を持ちながら勉強することもできます!

5.まとめ

応用情報技術者試験に1発合格した筆者が、応用情報技術者試験のおすすめ書籍と勉強法を紹介してきました。

正しい勉強法と努力はあなたを絶対に裏切りません。

最初は全然点が取れなくても、反復して問題を解いていけば徐々に理解が深まります。

この記事が少しでもあなたの役に立てていればうれしいです。

合格目指して頑張ってください!

頑張るあなたを応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました