【ニキビに悩む男子必見!】無印良品の乳液の「さっぱり」と「しっとり」はどっちがいいの?

【ニキビに悩む男子必見!】無印良品の乳液の「さっぱり」と「しっとり」はどっちがいいの?おすすめ

こんにちは、さすを(@sasuwo0409)です。

いきなりですが、、、

ニキビ、悩んでいませんか?

できるだけお金をかけずに、お肌のケアをしたいと思ってはいませんか?

この記事は、無印良品の乳液を愛用している僕が「さっぱりタイプ」「しっとりタイプ」の違いや使ってみて感じたことを詳しく説明します。

無印良品の乳液の「さっぱり」と「しっとり」って結局どっちがいいの?

と思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

それでは、本文をどうぞ。

この記事のおすすめ対象読者:

  • 無印良品の乳液に興味を持っている方
  • できるだけコスパの良い乳液を探している方
  • ニキビを無くしたいと思っている方

この記事を読むとわかること:

  • 無印良品の乳液の「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」の違い
  • あなたが「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」のどちらがあっているのか
  • 実際に無印良品の乳液を使っている人の声

筆者の情報:

  • 都内で働くシステムエンジニア
  • 職場でのストレスでニキビが大発生、肌が大荒れした時期がある
  • 現在はニキビもほとんどなくなり、鏡を見ることが嫌いじゃなくなった
スポンサーリンク

1.無印良品の乳液の「さっぱり」と「しっとり」はどっちがいいの?【結論:あなたの肌次第です】

1.無印良品の乳液の「さっぱり」と「しっとり」はどっちがいいの?【結論:あなたの肌次第です】

無印良品の乳液の「さっぱり」と「しっとり」のどちらがよいかは、あなたの体質や肌の状態によって変わってきます。

ですので、下のまとめを見て、あなたに合っている方を購入することがおすすめです。

さっぱりタイプがおすすめの方:

  • べたついてる感覚を抑えたい方
  • 乾燥にそこまで悩まされていない方
  • 汗をかきやすい方
  • 夏の時期

しっとりタイプがおすすめの方:

  • より保湿されている感覚を味わいたい方
  • 乾燥に悩まされている方
  • 汗をかきにくい方
  • 冬の時期

もし、どちらも当てはまる箇所があって、決められないのであれば、

保湿はしたいけど、べたつく感じは抑えたい→さっぱりタイプ

乾燥で粉をふいてしまったり、かゆくなってしまう→しっとりタイプ

で選ぶといいでしょう。

また、あまりこだわりがない方は、まずはさっぱりタイプから始めてみることをおすすめします。

なぜなら、油分が多すぎてしまうと逆にニキビなどの肌荒れの原因になってしまうからです。

さっぱりタイプなら、べたつきもなく、保湿されていることもしっかり味わうことができます。

僕自身どちらも使用しましたが、さっぱりタイプの方が好きでした。

詳しい感想は『3.無印良品の乳液の「さっぱりタイプ」を使って感じたこと』『4.無印良品の乳液の「しっとりタイプ」を使って感じたこと』で紹介します。


2.無印良品の乳液の「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」の違い

2.無印良品の乳液の「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」の違い

無印良品の乳液の「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」の違いは、含まれている成分です。

特に「しっとりタイプ」には、PEG-40水添ヒマシ油、オリーブ果実油の2つのオイルが含まれているというのが一番の違いです。

この成分によって、とろみをつけ、さっぱりタイプよりも保湿力を上げてくれています。

水添ヒマシ油:クリームやヘアシャンプーにも使われるとろみをつけてくれる成分が含まれている

オリーブ果実油:植物性油の一つで、肌をすこやかに保つために重要なポリフェノールやスクアレン、ビタミンEなどが豊富に含まれている

各タイプに含まれている成分はこちらです。

さっぱりタイプ:

水、DPG、ミリスチン酸オクチルドデシル、ペンチレングリコール、シクロペンタシロキサン、ミツロウ、PEG-32、スクワラン、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ベヘニルアルコール、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸PEG-75、ポリソルベート80、キサンタンガム、カルボマー、アラントイン、アルギニン、グリセリン、スベリヒユエキス、ポリクオタニウム-51、グレープフルーツ種子エキス、BG、フェノキシエタノール

https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/detail/4547315258536

しっとりタイプ:

水、DPG、グリセリン、パルミチン酸エチルヘキシル、PEG-32、スクワラン、ペンチレングリコール、PEG-40水添ヒマシ油、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、スベリヒユエキス、オリーブ果実油、ポリクオタニウム-51、グレープフルーツ種子エキス、アルギニン、アラントイン、キサンタンガム、カルボマー、BG、クエン酸Na、フェノキシエタノール

https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/detail/4547315258543
さすを
さすを

どちらのタイプもしっかり保湿をしてくれるのは変わりません!

また、低刺激性なので、肌にもやさしいです!

3.無印良品の乳液の「さっぱりタイプ」を使って感じたこと

3.無印良品の乳液の「さっぱりタイプ」を使って感じたこと

3-1.肌になじみやすい

無印良品の乳液の「さっぱりタイプ」を使って感じたことの1つ目は、肌になじみやすいということです。

しっとりタイプは、肌の表面を膜で覆うような感じなのですが、さっぱりタイプは肌になじむ感じでした。

夏の季節や汗をかきやすい方は、しっとりタイプよりもさっぱりタイプの方がおすすめです。

3-2.さらさらしている

無印良品の乳液の「さっぱりタイプ」を使って感じたことの2つ目は、さらさらしているということです。

さっぱりタイプというだけあって、少し水っぽいです。

しっとりタイプより伸びがよく、不快感なく肌に塗ることができました。

ペタペタするのが嫌な方は、さっぱりタイプがおすすめです。

3-3.保湿感はしっとりタイプに比べて感じられない

無印良品の乳液の「さっぱりタイプ」を使って感じたことの3つ目は、保湿感はしっとりタイプに比べて感じられないということです。

さっぱりタイプは、名前の通り程よく保湿をしてくれる感じです。

ですので、乳液の保湿感を強く感じることはできません。(保湿はしっかりしてくれます)

より保湿感を感じたい方は、さっぱりタイプよりもしっとりタイプの方がおすすめです。

4.無印良品の乳液の「しっとりタイプ」を使って感じたこと

4.無印良品の乳液の「しっとりタイプ」を使って感じたこと

4-1.肌を守られている感覚

無印良品の乳液の「しっとりタイプ」を使って感じたことの1つ目は、肌を守られている感覚を味わえるということです。

さっぱりタイプに比べて、トロっとしています。

ですので、より肌を保湿している感覚があります。

保湿感をしっかり味わいたい方は、しっとりタイプがおすすめです。

4-2.オイリー感

無印良品の乳液の「しっとりタイプ」を使って感じたことの2つ目は、オイリー感があるということです。

しっとりタイプは、さっぱりタイプでは使われていない「オリーブ果実油」という植物性オイルが含まれています。

ですので、オイリー感を感じることができます。

使用してみると、表面を膜で守ってくれているような感覚がありました。

冬場など乾燥が激しい季節はしっとりタイプで肌を保湿することがおすすめです。

4-3.ペタつく

無印良品の乳液の「しっとりタイプ」を使って感じたことの3つ目は、ペタつくということです。

粉をふいてしまうような乾燥肌の方であれば、おすすめなのですが、僕の場合そこまで乾燥に悩まされていなかったので、ちょっと油分がおおいなあ、、と感じました。

汗をかきやすかったり、あまり乾燥に悩まされていない方は、しっとりタイプよりもさっぱりタイプの方がおすすめです。

5.無印良品の乳液の「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」のレビュー

5.無印良品の乳液の「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」のレビュー

「さっぱりタイプ」のレビュー:

「しっとりタイプ」のレビュー:

レビューを見てみると、さっぱりタイプが合う人もいれば、しっとりタイプが合う人もいることがわかります。

さすを
さすを

どちらのタイプも保湿効果はしっかりあるので、自分の肌質にあったタイプを選ぶことが大切です!

6.無印良品の乳液は小さいサイズもあるから旅行にも便利!

6.無印良品の乳液は小さいサイズもあるから旅行にも便利!

無印良品の乳液は、「さっぱりタイプ」「しっとりタイプ」問わず、携帯用サイズがあるので、持ち運びにとても便利です。

容量は50mlで、手のひらサイズなのでかさばることがありません。

僕は、携帯用の乳液を1つ買っておいて、旅行の時に大容量サイズの乳液から移し替えて持って行っています。

注意:携帯用サイズは大容量サイズに比べてやや割高なので、旅行にあまり行かない方は大容量サイズを買う方がおすすめです!


7.ニキビ対策には化粧水も必須!

7.ニキビ対策には化粧水も必須!

ここまで無印良品の乳液の「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」の違いや使ってみて感じたこと、レビューを紹介してきました。

しかし、ここでひとつお聞きしたいことがあります。

ちゃんと化粧水つかってますか???

乳液を検討しているということは、あなたは美意識が高い方です。

きっと、お肌のニキビを気にしていたり、今以上につやのあるお肌にしたいと思っているのだと思います。

でも、もし乳液だけで塗っているのあれば、その努力が無駄になってしまいます。

なぜなら、乳液は肌の水分を蒸発するのを防ぐために使うものだからです。

お肌にうるおいがない状態で乳液を塗っても、効果はほとんどありません。

ですので、乳液を塗る前に化粧水でお肌にうるおいを与えてあげることが大切です。

化粧水を塗ってお肌にうるおいを与える

乳液を塗って、お肌のうるおいを閉じ込める

ことがお肌のケア、つまりニキビの予防・改善につながります。

僕自身、ストレスであご周りにニキビがたくさんできて悩んでいましたが、化粧水と乳液を使い始めて約6か月でニキビがほとんどなくなりました。

また、高い化粧水をちょびちょび使うよりも、たとえ安くてもたくさんの量を使う方がお肌にいいので、お財布と相談してあなたにあった化粧水を選ぶことが重要です。

コスパ重視なら、ハトムギ化粧水無印良品の化粧水を使えば間違いないです。

さすを
さすを

僕は、値段重視でハトムギ化粧水を愛用しています!



8.まとめ

8.まとめ

無印良品の乳液を愛用している僕が、「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」の違いや使ってみて感じたことを詳しく説明してきました。

内容をおさらいすると、「さっぱりタイプ」がおすすめな人、そうでない人はこちらです。

「さっぱりタイプ」がおすすめな人:

  • べたついてる感覚を抑えたい方
  • 乾燥にそこまで悩まされていない方
  • 汗をかきやすい方
  • 夏の時期
  • 乳液初心者の方

「さっぱりタイプ」がおすすめでない人:

  • 保湿力重視の方
  • 乾燥にものすごく悩まされている方
  • 汗をかきにくい方


そして、「しっとりタイプ」がおすすめな人、そうでない人はこちらです。

「しっとりタイプ」がおすすめな人:

  • より保湿されている感覚を味わいたい方
  • 乾燥に悩まされている方
  • 汗をかきにくい方
  • 冬の時期

「しっとりタイプ」がおすすめでない人:

  • ペタつく感覚が絶対に嫌な方
  • 乾燥に悩まされていない
  • 汗をかきやすい方

保湿はしたいけど、べたつく感じは抑えたい方は、「さっぱりタイプ」がおすすめです!

乾燥で粉をふいてしまったり、かゆくなってしまう方は、「しっとりタイプ」がおすすめです!

あなたの肌に合った乳液を見つけて、ニキビを撲滅させましょう!!

そして、この記事が少しでもあなたの役に立っていたら嬉しいです!

それでは!




コメント

タイトルとURLをコピーしました