【徹底解説】Pythonエンジニアに転職する方法【失敗しない方法を詳しく解説】

【徹底解説】Pythonエンジニアに転職する方法【失敗しない方法を詳しく解説】プログラミング

こんにちは、さすをです。

現在Pythonを用いた6,000万の案件を受注しています。

以前、下記のツイートをしました。

今回の記事では、このツイートを深堀して「Pythonエンジニアに転職する方法」をお話ししていきます。

それでは、本文をどうぞ。

この記事のおすすめ読者:

・トレンド言語であるPythonを使った会社に転職したい方

・Pythonを独学、実務経験を行ったことのある方

Pythonが全くの未経験の方はすいません。

これ以上読んでも、あまり参考になりません。

まずは、Pythonの特徴や基礎を知ってからこのページに戻ってきてください。


Pythonエンジニアとして転職するためには?

Pythonエンジニアとして転職するために独学や実務経験をしている方は、悩みがあるはず。

例えば、下記の通り。

Pythonエンジニアになりたくて独学を始めて、少しはわかるようになってきた。

でも、本音を言うとPythonエンジニアとして転職している自分を想像することができない、、。

やっぱりPythonエンジニアとして転職するなんて無理なんじゃないか、、。

悩みを抱える女性
悩みを抱える女性

こういった悩みを持つ方向けに、書いています。

この記事を読むとわかること:

・転職に必要なおおよそのPythonのレベル感

・Pythonを身に着けるためのおすすめスクール

筆者の情報:

・現役システムエンジニア

・Pythonを用いた6,000万の案件を受注中

スポンサーリンク

1.Pythonエンジニアに転職する方法【これが出来ればOK】

1.Pythonエンジニアに転職する方法【これが出来ればOK】

Pythonエンジニアとして転職するためには以下のことが出来るようになっていれば十分です。

・ファイルの呼み込み、入力、整形、書き出し

・Pandas,Numpy,matplotlib,TensorFlow,scikit-learn,Kerasなどのライブラリの利用

・yaml,csv,jsonなどの基本的なファイル、データ形式の扱い

それに加え、自分で作った成果物やAWSを使った経験などがあればなお良しです。

全部できないとNGというわけではありませんが、Pythonエンジニアとして活動するためには避けては通れない道だということを忘れないようにしましょう。

2.最短でPythonスキルを身に着けて転職したいならスクール一択

2.最短でPythonスキルを身に着けて転職したいならスクール一択

『1.Pythonエンジニアに転職する方法【これが出来ればOK】』で上げた項目を自力で考えて学んでいくのもありですが、最短でPythonのスキルを身に着けて転職したいのであればスクールに通うことをおすすめします。

そもそも、やみくもに手を出しても習得できるわけがありませんし、独学では限界があります。

また、採用する側の立場で考えてみても、「独学でPythonを習得した人」と「スクールに通ってPythonに習得した人」だったら、後者の方がリスクが少なく採用しやすいことはわかりきっています。

ですので、本気でPythonエンジニアとして転職したいのであれば、スクールに通うことをおすすめします。

3.Pythonエンジニア転職におすすめなスクール

3.Pythonエンジニア転職におすすめなスクール

Pythonエンジニアとして転職するためにおすすめできるスクールは、TechAcademy のPythonコースです。

なぜなら、他のスクールと比べて受講生の成功を第一に考えているスクールだからです。

TechAcademyと他社の比較

TechAcademyと他社の比較

スクールに入れば、具体的で効果的な学習プログラムを受けることが出来るでしょう。

ですが、受講者が納得できていなければどんなにすばらしい学習プログラムでも意味はありません。

転職サポートやマンツーマンレッスン、チャットサポートなどのプロの徹底サポートがしっかりなされているTechAcademyであれば、分からないことや困ったことが起きても、すぐに解決することが出来るのは間違いありません。

TechAcademy のPythonコースを受講して、最短距離でPythonエンジニアに転職しましょう。

4.TechAcademy Pythonコースの口コミ

4.TechAcademy Pythonコースの口コミ

『3.Pythonエンジニア転職におすすめなスクール』でお話したTechAcademy Pythonコースの口コミは下記の通りです。

一度購入した教材を永久閲覧できる!

何事も一気に全て覚えれる訳ではありませんし人間ですので時間が経てば当然忘れてしまいます。

そんなときに、「もう一度基礎から思い出したい!」という願望もかなえてくれます!

これは、とても助かりました。

https://ibuki-study.net/techreveiw/

場所を選ばず好きな時に勉強できる

オンラインでの学習の最大のメリットと言えばこれ!

好きなタイミングで出来るので、移動時間や、週固定など気にせずに忙しくてもできた!

https://ibuki-study.net/techreveiw/

「ここ」を説明するのに少し手間がかかる

これに関してはどうしようもないのですが、対面なら指を指して「ここが分かりません」で済むものをしていしないといけないです。慣れてしまえば不便は感じませんでした。

https://ibuki-study.net/techreveiw/

他のスクールと比べて料金が安い

入会金がないことも含めてかなり安いと思った。

テックアカデミー…89,000円~(※はじめてのプログラミングコース4週間)

A社…148,000円~

B社…入会金128,000円、月額12,800円

C社…入会金18,000円、月額96,000円

最後の決め手は料金でした笑

https://ibuki-study.net/techreveiw/

わからない場所を説明するのに少し手間がかかるという意見もあります。

しかし、料金の安さや教材をいつまでも見られるといったメリットは非常に大きいです。

もちろん、スクールに通うことは大きな出費となるでしょう。

しかし、Pythonエンジニアとして転職することが出来れば、1か月で余裕で回収できる金額です。

転職を通して、徐々に時間、お金にゆとりのある人生に変えていきましょう。

TechAcademy Pythonコースの詳しい情報はこちら

5.pythonエンジニアの転職先

5.pythonエンジニアの転職先

大手求人サイトのindeedで検索をかけてみると、主な転職地域は下記の通りでした(一部抜粋、2020年10月8日現在)。

東京都…6159件

神奈川県…1724件

大阪府…932件

埼玉県…845件

千葉県…740件

愛知県…362件

福岡県…191件

北海道…142件

やはりパソコン一台で働けるエンジニア職なだけあって、場所を問わずに働くことが出来ます。

また、現在はテレワークも主流なので、会社によっては場所、時間にとらわれず働ける可能性もあるでしょう。

6.まとめ

6.まとめ

現在Pythonを用いた6,000万の案件を受注している筆者が、Pythonエンジニアに転職する方法をお話ししてきました。

エンジニア職は今も変わらず超売り手市場、かつ、Pythonは拡張性、将来性の高い言語なので非常におすすめです。

Pythonエンジニアになって、働き方、時間、お金にゆとりのある人生に変えていきましょう。

頑張るあなたを心から応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました