【初心者向け】Python学習の始め方【現役エンジニアがわかりやすく解説】

プログラミング

こんにちは、さすをです。

システムエンジニアとして働いており、現在pythonを使った6,000万案件を受注しています。

以前、下記のようなツイートをしました。

今回の記事は、このツイートを深堀して、プログラミング言語Pythonの学習の始め方を詳しく紹介していきます。

難しい言葉を全く使っていないので、完全初心者でも大丈夫です。

それでは、本文をどうぞ。

Pythonというプログラミング言語を学んでみたいけど、何から始めればいいのかわからない…

自分に合っているかわからないから、出来るだけお金はかけたくないしなあ。

どこかにPython学習の始め方が分かりやすく書いてあるサイトとかないかなあ。

Pythonの始め方がわからない女性
Pythonの始め方がわからない女性
さすを
さすを

これらの悩みを解決します!

この記事のおすすめ対象読者:

・Pythonに興味を持っている初心者の方

・Pythonの学習方法を知りたい方

・エンジニア転職を考えている方

この記事を読むとわかること:

・Pythonのインストール方法

・Pythonのおすすめ学習Webサービス

・Pythonのおすすめ学習書籍

・Pythonのおすすめライブラリ

・Pythonエンジニアに転職するために必要なスキル

筆者の情報:

・現役システムエンジニア

・Pythonを用いた6,000万の案件を受注中

スポンサーリンク

1.Python学習の始め方 第一章 Pythonを学習する目的を考えよう

1.Python学習の始め方 第一章 Pythonを学習する目的を考えよう

Python学習の始め方の第一ステップは、Pythonを学習する目的を考えるです。

なぜなら、目的が明確でないと、やる気を保つことが出来ず、すぐに挫折してしまうからです。

・機械学習のできるプログラムを書きたい!


・AIを使った開発をしてみたい!


・Pythonを使ってSNSアプリを作ってみたい!


などなど、なんでもOKです。

「Pythonは始めてみたいけれど、まだPythonを学習する目的が決まっていない」という方は、【初心者必見!】Pythonでできること6選【現役エンジニアがわかりやすく解説】をご覧ください。

Pythonの特徴やできることについて詳しく紹介しているので、Python学習をする目的を明確にすることが出来ます。

さすを
さすを

目的をはっきりさせることで、最短距離でPythonを習得することができます!

2.Python学習の始め方 第二章 Pythonの学習方法を考えよう

2.Python学習の始め方 第二章 Pythonの学習方法を考えよう

Python学習の始め方の第二ステップは、Pythonの学習方法を考えるです。

なぜなら、学習方法によってメリットデメリットが分かれるからです。

といっても、これから紹介する3つの中から1つ選べばOK。

それぞれの特徴もあわせて紹介しているので、あなたに合った学習方法を選択しましょう。

さすを
さすを

学習方法に迷ったら、Web学習サービスから始めてみることがおすすめです!

2-1.自分のパソコンにPythonをインストールして作業する

Python学習方法の1つ目は、自分のパソコンにPythonをインストールして作業するです。

メリット、デメリットは下記の通り。

メリット:

・自由度が一番高い(好きなようにプログラムを書ける)

・自分のパソコン上でPythonを動かすための知識がつく

・Pythonのライブラリなどの知識がつく

デメリット:

・なにから手を付けていいのかがわかりづらい

・Pythonを使える環境を自分で作らなければいけないのですぐにコードを書けない

Pythonを使うまでに準備はかかりますが、自由度が高かったり、Python周りの知識をつけることが出来ます。

自分のパソコンで調べながら開発をしてみたいと思っている方におすすめです。

なお、Pythonのインストール方法については、【Windows版】Pythonのインストール方法【画像を使ってわかりやすく解説】の記事でわかりやすく紹介しているのでご覧ください。

macの方、linuxの方はこちらの記事がわかりやすいのでおすすめです。

Pythonの開発環境を用意しよう!(Mac)
Progateはオンラインでプログラミングを学べるサービスです。プログラミングを学んでWEBアプリケーションを作ろう。
Linux での Python のインストール - AWS ParallelCluster
パッケージマネージャーを使用して Linux に Python をインストールします。

また、Pythonを学習するにあたっておすすめの書籍を知りたい方は、【レベル別&徹底解説】 Python書籍のおすすめ8選の記事、

Pythonでの開発が非常に楽になるPythonライブラリを知りたい方は【これだけ知っておけばOKです】 現役エンジニアもよく使う便利なPythonライブラリ22選の記事をご覧ください。

実務でもよく使うものなので、必ず役に立ちます。

2-2.Web学習サービスを利用する

Python学習方法の2つ目は、Web学習サービスを利用するです。

メリット、デメリットは下記の通り。

メリット:

・無料で始められるサービスが多い

・インストールなどの準備をせずに、すぐに始めることが出来る

・やることが明確なのでやる気を保ちやすい

デメリット:

・無料でできる範囲だと深く学ぶことが出来ないことがある


「経験として、Pythonというプログラミング言語に触れてみたい」


「Pythonがどんなものなのか知っておきたい」


という方に非常におすすめな学習方法です。

なお、PythonのおすすめWeb学習サービスを知りたい方は、【料金別&徹底解説】 Pythonおすすめ勉強サイト8選【楽しく学ぼう】をご覧ください。

料金別に紹介しているので、あなたに合ったPythonのWeb学習サービスを知ることが出来ます。

2-3.スクールに通う

Python学習方法の3つ目は、スクールに通うです。

メリット、デメリットは下記の通り。

メリット:

・経験豊富なプロに教わることが出来る

・あなたの目的に合った最短ルートを提示してもらえる

・つまずいたときにすぐに聞くことが出来る

・転職するまで徹底サポートしてもらえる

デメリット:

・他の2つの学習方法と比べて費用がかかる

最速でPythonを身につけたい方、教えてもらいながら進めていきたいと思っている方におすすめです。

デメリットで上げている通り、初期費用は他の2つの学習方法と比べてかかってしまいますが、プロに直接教えてもらえるので、一番リターンが大きいです。

なお、Pythonのおすすめスクールを知りたい方は、【徹底解説】Pythonエンジニアに転職する方法【失敗しない方法を詳しく解説】をご覧ください。

Pythonエンジニアに求められるスキルも紹介しているので、ゴールを明確にすることが出来ます。

3.Python学習の始め方 第三章 Python学習でつまずいた時の対処法

3.Python学習の始め方 第三章 Python学習でつまずいた時の対処法

Python学習の始め方の第三ステップは、Python学習でつまずいた時の対処法を考えておくということです。

Pythonの学習をしていくにあたって、つまずくことは誰にでもあります。

そんな時に意識してほしいPython学習でつまずいた時の対処法を3つ紹介します。

さすを
さすを

私も実務でつまずいた時はこの対処法を実践し、いくつものつまずきを解決してきたので、この対処法の効果を保証することができます!

3-1.どこにつまずいているのかを言語化する

Python学習でつまずいた時の対処法の1つ目は、どこにつまずいているのかを言語化するです。

なぜなら、つまずいているときは、「どこまでがわかっていて、どこからがわかっていない」のかが明確になっていないことが多いからです。

プログラミング開発は、

コードを書く→わからないことを調べる→コードを書く→わからないことを調べる→・・・

の繰り返しです。

ですので、分からないことが明確でないと、うまく調べることができず、つまずきやすくなってしまいます。

紙でもパソコンのメモ帳でも構わないので、自分がわかっていないことをはっきりさせることが大切です。

3-2.インプットとアウトプットを明確にする

Python学習でつまずいた時の対処法の2つ目は、インプットとアウトプットを明確にするです。

なぜなら、プログラミングの各処理には、インプットとアウトプットがあるからです。

どのようなデータを入れて、どのような処理がされて、どのようなデータが返ってくるのかを最初に考えることで、つまずいている部分を解消できることがあります。

各処理のゴールをはっきりさせてから取り組むことが大切です。

3-3.一度Python学習から離れてみる

Python学習でつまずいた時の対処法の3つ目は、一度Python学習から離れてみるです。

なぜなら、頭がいっぱいいっぱいになっている可能性があるからです。

人間は、焦っていたり、心に余裕がないと頭が働きません。

ですので、「はかどらないな…」と感じたら、一度Python学習から離れてみることが大切です。

好きな飲み物を飲んだり、お風呂に入ってリラックスしたり、頭の中をスッキリさせてからもう一度Python学習に取り組んでみると、すぐに解決できたりするのでおすすめです。

4.まとめ

4.まとめ

システムエンジニアとして働いており、現在pythonを使った6,000万案件を受注している筆者が、Pythonの始め方を紹介していきました。

Pythonは、プログラミング初心者でもわかりやすく、AIや機械学習など世の中のトレンドとなっている言語なので、この先も必ず需要があります。

この記事が少しでもあなたの力になれていればとてもうれしいです。

行動しようとするあなたを心から応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました