【Windows版】Pythonのインストール方法【画像を使ってわかりやすく解説】

【Windows版】Pythonのインストール方法【画像を使ってわかりやすく解説】プログラミング

こんにちは、さすをです。

システムエンジニアとして働いており、毎日7時間以上Pythonでコードを書いています。

今回の記事は、プログラミング言語Pythonのインストール方法(Windows版)を詳しく紹介していきます。

図をたくさん使って説明しているので、完全初心者でも大丈夫です。

それでは、本文をどうぞ。

Pythonをインストールしてみたいけど、どうすればいいのかわからない…

なんか黒い画面で書くんでしょ?

間違えたら怖いし、なんだか難しそう…

Pythonの始め方がわからない女性
Pythonの始め方がわからない女性
さすを
さすを

これらの悩みを解決します!

この記事のおすすめ対象読者:

・Pythonに興味を持っている初心者の方

・Windows版のPythonのインストール方法を知りたい方

この記事を読むとわかること:

・Windows版Pythonのインストール方法

筆者の情報:

・現役システムエンジニア

・Pythonを用いた6,000万の案件を受注中


Pythonの始め方やおすすめの学習サイト、書籍、スクールを知りたい方は、【初心者向け】Python学習の始め方【現役エンジニアがわかりやすく解説】をご覧ください。

スポンサーリンク

1.Windows版 Pythonのインストール方法

1.Windows版 Pythonのインストール方法

これから、Windows版のPythonのインストール方法を紹介していきます。

たったの2ステップなのであっという間にPythonを使える環境を作ることが出来ます。

1-1.Windows版 Pythonをダウンロードする

Pythonの公式ページからWindows版Pythonのダウンロードを行います。

下記のURLをクリックし、公式ページを開きましょう。

Welcome to Python.org
The official home of the Python Programming Language
図1 Python公式ページ①
図1 Python公式ページ①

DownloadsタブのWindowsをクリックし、バージョン選択画面に飛びます。

図2 Python公式ページ②
図2 Python公式ページ②
図3 バージョン選択画面
図3 バージョン選択画面

バージョンに希望がなければ、最新版のインストーラーをダウンロードしておけば大丈夫です(バージョンに希望がある場合は、希望のバージョンを探して、ダウンロードを進めて下さい)。

最新版の確認は、『図3 バージョン選択画面』の赤直線の部分から確認できます。

『図3 バージョン選択画面』の赤枠で囲った箇所のどちらかをダウンロードしてください。

なお、違いは下記の通りです。

Windows x86-64 executable installer:

ネットにつながらないPCでもインストールできるインストーラー

Windows x86-64 web-based installer

必要なファイルをダウンロードしながらインストールするインストーラー

インストーラーはインストール後に削除するので、ネットにつながるPCであればどちらを選んでも問題ありません。

ネットにつながらないPCの場合は、Windows x86-64 executable installerをダウンロードしましょう。

1-2.Windows版 Pythonをインストールする

ダウンロードしてきたインストーラーを起動します。

図4 インストーラー起動画面
図4 インストーラー起動画面

インストールする前に、『図4 インストーラー起動画面』の赤枠の部分のチェックがついていることを確認しておいてください。

確認が出来たら、Install Nowをクリックしましょう。

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と表示されたら、『はい』を押せばOKです。

図5 Pythonインストール完了画面
図5 Pythonインストール完了画面

インストール完了後、『図5 Pythonインストール完了画面』のような画面が出てくると思うので、Closeを押してください。

作業お疲れさまでした。

これでPythonをインストールすることが出来ました。

『2.Windows版 Pythonをインストールできたか確認しよう』でPythonがちゃんとインストールできているか確認していきましょう。

2.Windows版 Pythonをインストールできたか確認しよう

2.Windows版 Pythonをインストールできたか確認しよう

『図6 Windows画面』の赤枠の部分に、「コマンドプロンプト」と入力し、Enterキーを押しましょう。

図6 Windows画面
図6 Windows画面
図7 コマンドプロンプト検索画面
図7 コマンドプロンプト検索画面

黒い画面が立ち上がると思います。

図8 コマンドプロンプト起動画面
図8 コマンドプロンプト起動画面

Pythonがインストールされているか確認するために、

python --version

と入力し、Enterキーを押してください。

Python X.X.X

と表示されればOKです。

なお、X.X.Xには、インストールしたバージョンの数字が入ります(今回の私の画面の場合は、3.9.0です)。

図9 Pythonインストール確認画面
図9 Pythonインストール確認画面

何も表示されない場合は、Pythonを正しくインストールできていないか、『図4 インストーラー起動画面』の赤枠内のチェックを忘れてインストールしてしまった可能性があります。

Pythonがパソコンにインストールされているかを確認して、

インストールされていない場合:

もう一度『1-1.Windows版 Pythonをダウンロードする』から始める

を行ってください。

Pythonがパソコンにインストールされているかの確認は、Windowsの検索バーに「Python」と入力し、アプリとして出てきたらインストールされています。

図10 Pythonインストール確認画面
図10 Pythonインストール確認画面

作業お疲れさまでした。

これでPythonのインストールを確認することが出来ました。

『3.Windows版 Pythonを使ってみよう』でPythonを実際に使ってみましょう。

3.Windows版 Pythonを使ってみよう

お好きなエディタを開いて編集し、「hello.py」と名前を付けて保存しておきましょう。

図11 Pythonコード画面
図11 Pythonコード画面

また、今回はわかりやすいようにデスクトップにPythonのフォルダを作成しています。

図12 Pythonフォルダ(デスクトップ上)
図12 Pythonフォルダ(デスクトップ上)
図13 Pythonフォルダの中身
図13 Pythonフォルダの中身

「hello.py」の保存を確認したら、再びコマンドプロンプトを開き、下記のコードを入力しましょう。

cd Desktop

Enterキーを押し、下記のコードを入力。

cd Python

Enterキーを押し、下記のコードを入力。

hello.py

Enterキーを押す。

hello Japan

と表示されればOKです。

図14 hello.py 出力結果
図14 hello.py 出力結果

作業お疲れさまでした。

これでPythonが実際に使えることを確認出来ました。

4.まとめ

まとめ

システムエンジニアとして働き、毎日7時間以上Pythonでコードを書いている筆者が、プログラミング言語Pythonのインストール方法(Windows版)を紹介していきました。

これからは、たくさん学び、調べながらPythonコードをガリガリ書いていくのでしょう。

素敵な開発が出来ることを心から応援しています!

この記事が少しでもあなたの力になれていればとてもうれしいです。

行動しようとするあなたを心から応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました