マイナポイント

【徹底解説】Suicaで子供の分のマイナポイントを受け取る方法【家族全員でお得に】

【徹底解説】Suicaで子供の分のマイナポイントを受け取る方法【家族全員でお得に】

こんにちは、さすをです。

できることなら少しでも得をしたい副業ブロガーです。

ポイント還元が大好きで、事あるごとに調べています。

今回の記事は、子供の分のマイナポイントをSuicaで受け取る方法やSuicaでマイナポイントを受け取るメリット、気を付けるべきことなどを詳しく紹介していきます。

それでは、本文をどうぞ。

気になる人
気になる人

子供の分のマイナポイントを受け取りたいけど、どうすればいいの?

おすすめな電子マネーなどはある?

さすを
さすを

このような疑問を解決します!

この記事のおすすめ対象読者:

  • マイナポイントに興味がある方
  • 子供の分のマイナポイントを受け取る方法を知りたい方
  • マイナポイントをSuicaで申し込む方法を知りたい方
  • Suicaでマイナポイントを受け取るメリットを知りたい方
  • Suicaでマイナポイントを受け取る際に気を付けるべきことを知りたい方

この記事を読むとわかること:

  • マイナポイントをSuicaで受け取る方法
  • 子供の分のマイナポイントを受け取る方法
  • Suicaでマイナポイントを受け取るメリット
  • Suicaでマイナポイントを受け取る際に気を付けるべきこと

筆者の情報:

  • 現役システムエンジニア
  • 副業でブログ運営とWeb制作をしている
  • お得なものが大好き
  • ポイントが大好き

最短でおすすめのマイナポイント受け取りサービスを知りたい方は、【まとめ】マイナポイントを受け取るならどこがいい?おすすめランキングをご覧ください。

スポンサーリンク

1.Suicaで子供の分のマイナポイントを受け取るために必要なもの

Suicaで子供の分のマイナポイントを受け取るために必要なもの

Suicaで子供の分のマイナポイントを受け取るためには、子供名義のJRE POINT WEBサイトに登録したSuicaが必要です。

中学生未満の方は、子供用SuicaをJR東日本の駅のみどりの窓口で購入することが出来ます。

なお、Suicaを購入する際は、auご利用になるお子様の本人確認が出来るもの(保険証等)が必要です。

後は『2.マイナポイントをSuicaで申し込む方法』の手順通りに行えば、お子様のマイナポイントを取得することが出来ます。

必要なのは、子供名義のJRE POINT WEBサイトに登録したSuica

Suica購入の際は、ご利用になるお子様の本人確認が出来るもの(保険証等)が必要

2.マイナポイントをSuicaで申し込む方法

マイナポイントをSuicaで申し込む方法

マイナポイントをSuicaで受け取る方法は、セブン銀行ATMかマイナポイントアプリから行うことが出来ます。

詳しい手順は、こちらからご覧ください。

必要なものは以下の2(3)つです。

必要なもの:

  • JRE POINT WEBサイトに登録してあるSuica
  • マイナンバーカード
  • マイナポイントアプリ(マイナポイントアプリから申し込む場合)

これらを準備してから申し込みを行いましょう。

3.マイナポイントをSuicaで受け取るメリット3選

マイナポイントをSuicaで受け取るメリット3選

マイナポイントをSuicaで受け取るメリットは、以下の3つです。

  • マイナポイントに加えて上乗せポイントをもらうことができる
  • 子供の分のマイナポイントを受け取りやすい
  • ポイントを使用できる種類が多い

一つずつ詳しく説明していきます。

3-1.マイナポイントに加えて上乗せポイントをもらうことができる

マイナポイントをSuicaで受け取るメリットの1つ目は、マイナポイントに加えて上乗せポイントをもらうことができるということです。

上乗せポイントはauチャージ額の5%付与されます。

つまり、累計20,000円チャージすれば、マイナポイント上限の5,000ポイント、上乗せポイントが1,000ポイントの計6,000ポイントが付与されるということになります。

複雑な登録がなく、チャージのみで上乗せポイントがもらえるのはメリットの1つです。

上乗せポイントが最大1,000ポイントもらえる

3-2.子供の分のマイナポイントを受け取りやすい

マイナポイントをSuicaで受け取るメリットの2つ目は、子供の分のマイナポイントを受け取りやすいということです。

マイナポイントは年齢にかかわらず受け取ることが出来ますが、中学生以下ではクレジットカードを作ることはできません。

また、デビットカードやQRコード決済も高校生以上が発行対象となっています。

ですので、中学生以下でマイナポイントを手に入れるには、Suicaなどの交通系ICカードや楽天Edyなど現金チャージ利用のキャッシュレス決済でないといけません。

『1.Suicaで子供の分のマイナポイントを受け取るために必要なもの』でも紹介しましたが、Suicaで子供の分のマイナポイントを受け取る場合、必要となるのは、子供名義のJRE POINT WEBサイトに登録したSuicaのみです。

子供の分のマイナポイントを受け取りやすいというのはメリットの一つと言えるでしょう。

子供の分のマイナポイント申請が簡単

3-3.ポイントを使用できる種類が多い

マイナポイントをSuicaで受け取るメリットの3つ目は、ポイントを使用できる種類が多いということです。

Suicaで受け取ったマイナポイントを使用できるのは以下の通りです。

  • 駅ビル
  • Suicaにチャージ
  • Suicaグリーン件に交換(JRE POINT用)
  • JRE POINT WEBサイトで商品交換
  • JRE MALLでお買い物

商品購入だけでなく、Suicaにチャージなど、マイナポイントの使い道が多いのはメリットでしょう。

マイナポイントの使い道が多数ある

4.マイナポイントをSuicaで受け取る際に気を付けるべきこと2選

マイナポイントをSuicaで受け取る際に気を付けるべきこと2選

マイナポイントをSuicaで受け取る際に気を付けておくべきことは、以下の2点です。

  • 有効期限がある
  • ポイント付与が翌月上旬以降

一つずつ詳しく説明していきます。

4-1.有効期限がある

マイナポイントをSuicaで受け取る際のデメリットの1つ目は、有効期限があるということです。

JRE POINTは、「ポイントを貯めたり、使ったりした日から有効期限が2年後の月末まで」という期限があります。

有効期限がない電子マネーサービスもある中で、有効期限があるのは大きなデメリットでしょう。

・Suicaで受け取るマイナポイントには有効期限がある

4-2.ポイント付与が翌月上旬以降

マイナポイントをSuicaで受け取る際のデメリットの2つ目は、ポイント付与が翌月上旬以降ということです。

ポイントを受け取れると知っていても、ポイントがいつ入ってくるのかが明確でなければ、思うように買い物に行ったり、駅で使用することが出来ません。

マイナポイントが即日付与される電子マネーサービスもあるので、ポイント付与が遅く、明確な日にちも決まっていないというのはデメリットの一つです。

・Suicaで受け取るマイナポイントは、付与が翌月上旬以降

5.おわりに

おわりに

ポイント還元が大好きな筆者が、子供の分のマイナポイントをSuicaで受け取るための方法や、Suicaでマイナポイントを受け取るメリット、気を付けるべきことなどを紹介していきました。

お子様のマイナポイントを受け取る場合やSuicaを日常的に使用していて、駅の中で買い物をよくする方に非常におすすめだと思います。

逆に、普段からSuicaを使わないのであれば、他の電子マネーなどでマイナポイントを受け取った方が便利に使いこなせると思います。

この記事が少しでもあなたの力になれていればとてもうれしいです。

行動しようとするあなたを心から応援しています!

それでは!

>>【徹底解説】貯金のコツ【新社会人でも200万貯められた】

>>簡単に効率よく稼げるおすすめ副業3選【収入の柱を増やそう】

コメント

タイトルとURLをコピーしました