プログラミング

【M1 MacOS対応】VSCodeのインストール方法【図解あり】

【M1 MacOS対応】VSCodeのインストール方法【図解あり】

こんにちは、さすを(@sasuwo0409)です。

いきなりですが、

VSCodeをM1 MacOSにインストールしたい!

と思ってはいませんか?

今回の記事は、先日、M1 MacOSのMacBook Airを購入した筆者が、VSCodeのインストール方法を解説していきます。

図をふんだんに使っているので、壁にぶつかることなくインストールできると思います。

それでは本文をどうぞ。

困っている人
困っている人

M1 MacOSにVSCodeをインストールしたいんだけど、やり方がわからなくて困ってる。

画像を見ながらインストールしていきたいな。

さすを
さすを

この悩みを解決します!

この記事を読むとわかること:

M1 MacOSにVSCodeをインストールする方法

筆者の情報:

  • 現役システムエンジニア 兼 ブロガー
  • 過去に6,000万のPython案件を受注
  • 最近ハマっていることは機械学習

※お得にスキルを上げる学習教材という近道
独学よりプログラミングスクールの方が効果は出やすいですが、値段が高く、なかなか手を出しづらいですよね。Udemyでは、破格の値段で学習することができるので、これを使ってプログラミングの基礎を学ぶのもありだと思います。 

>>世界最大級のオンライン学習サイトUdemyはこちら

スポンサーリンク

【M1 MacOS対応】VSCodeのインストール方法

【M1 MacOS対応】VSCodeのインストール方法

M1 MacOSにVSCodeをインストールする手順は、以下の通りです。

  1. 公式サイトにアクセスする
  2. VSCodeをインストールする
  3. VSCodeをアプリケーションフォルダに移動する
  4. VSCodeが開けることを確認し、日本語表記にする

どれも複雑ではないので、あっという間にインストールすることができます。

さすを
さすを

それでは初めていきましょう!

その①:公式サイトにアクセスする

まず初めに、公式サイトにアクセスしましょう。

>>VSCode公式サイト

図1:VSCode公式サイト
図1:VSCode公式サイト

このページから、実際にVSCodeをインストールしていきます。

その②:VSCodeをインストールする

公式サイトを開いたら、MacOS版のVSCodeをインストールしていきます。

インストール方法は以下の2ステップです。

  1. 下図の赤枠の部分が「Download Mac Universal」になっていることを確認する。
  2. 赤枠の部分を押下する。

もし、赤枠の部分が「Download Mac Universal」でなかったら、赤枠の右にある「↓」から、「mac OS Universal」「Stable」のインストールボタンを押下しましょう。

下図のように、インストールされればOKです。

図3:VSCodeのインストール②
図3:VSCodeのインストール②

その③:VSCodeをアプリケーションフォルダに移動する

インストールが完了したら、zipファイルを展開し、VSCodeをアプリケーションフォルダに移動していきます。

手順は以下の通りです。

  1. VSCode-darwin-universal.zipをクリックして展開する。
  2. アプリケーションフォルダを表示する。
  3. アプリケーションフォルダにVSCodeを移動する。
図4:VSCodeをアプリケーションフォルダに移動する①
図4:VSCodeをアプリケーションフォルダに移動する①

「VSCode-darwin-universal.zip」をクリックしてダウンロード画面が出てきたら、Finderを「command + N」で複製し、アプリケーションフォルダを開きましょう。

そして、ダウンロードフォルダにある「Visual Studio Code」をアプリケーションフォルダに移動すればOKです。

図5:VSCodeをアプリケーションフォルダに移動する②
図5:VSCodeをアプリケーションフォルダに移動する②
さすを
さすを

これで、M1 MacOSでVSCodeを使えるようになりました!

その④: VSCodeが開けることを確認し、日本語表記にする

ここまでお疲れ様でした。

これで、あなたのパソコン上でVSCodeが開けるようになっているはずです。

デフォルトでは、VScodeは英語表記なので、最後に日本語表記にしておきましょう。

まず初めに、VSCodeを開き、赤枠の拡張機能ボタンを押下します。

図6:日本語拡張機能の追加①
図6:日本語拡張機能の追加①

そして、検索画面に、「Japanese Language Pack for Visual Studio Code」と入力し、拡張機能をインストールします。

図7:日本語拡張機能の追加②
図7:日本語拡張機能の追加②

これで、VSCodeの基本的なインストール方法は完了です。

さすを
さすを

どんどんプログラムを書いていきましょう!

最後に:作りたいものを作って、未来を変えていこう

M1 MacOSにVSCodeをインストールする方法を解説してきました。

VSCodeは拡張機能が豊富なので、非常に使いやすいソースコードエディタです。

ぜひ、あなたの作りたいものを作って、あなたの未来を変えていってください。

この記事が少しでも役に立っていたらうれしいです!

それでは!


コメント

タイトルとURLをコピーしました